2014年

3月

27日

不思議な眼鏡修理の依頼

先日、お客様から以下のような内容の電話をいただきました。

 

―そちらで買った眼鏡じゃないが、修理をお願いできないか? 買った眼鏡屋さんでこちらの眼鏡店なら修理してくれるといわれた。―

 

お客様の話によると、その眼鏡店は熊本で大手のチェーン店でした。おそらく上層部が店員に「修理を受け付けるな、新しいものを売れ」という指導をしているのでしょう。修理は時間がかかりまた技術を必要とします。新しいものを売った方が利益になるため、多くの眼鏡店で修理を忌避するきらいがあります。

 

ナガタメガネなら修理してくれるといった他店の店員さんは悪気はないと思います。そのお客様の要望をかなえようとした上での、苦肉の策ではないでしょうか? 

 

形見やプレゼント品など、使用しているメガネに思い入れのある方もたくさんいらしゃいますので、私はできる限り修理の要望にお応えしたいと思います。

 

0 コメント

2014年

1月

20日

92歳の愉快なおばあちゃん

当店のお客様で、92歳のFさんという方がいらっしゃいます。この方はとっても元気で、店に来られるときは、「ながたさぁーん!」と言いながら入ってこられます。「調整してー」と遠近両用1本と老眼鏡3本を持ってこられるのですが、いつも4本共にグニャリと曲がっています。

 

耳も悪いためこちらのいうことはあまり聞こえないのですが、ずっとひとりでしゃべっておられます。Fさんはめちゃめちゃ明るいので、その一人しゃべりを聞きながら、思わず笑ってしまいます。幸せな年の取り方だなぁと思います。

 

Fさんは‘恩給(おんきゅう)’をもらっているから、多少お金の融通が利くとのこと。知らない方のために補足しておきますと、恩給とは戦場に行った方や戦死した方のご家族に国から支払われるもので、年金とは別に支給されています。こんなに明るい方にもつらい戦争体験がおありなのだなぁと思うと、よけいにFさんの明るさが輝いて見えます。

 

知らず知らずに周りを幸せにする、そんなFさんみたいな年の取り方をしたいものです。

笑顔がかわいいFさん
笑顔がかわいいFさん
3 コメント

2014年

1月

08日

2014年迎春。若宮神社へ初詣に行きました。

2014年が幕を上げました。今年もよろしくお願いいたします。

早速、近所(熊本県上益城郡御船町)にある若宮神社に初もうでに行きました。宮司さんが女性の神社です。そのためか、なんとなく華やかな感じがします。

 

参道門を新築していたためか、去年より参拝客が多かったように思います。昨年は破魔矢を購入したので、今年はお札にしました。早速、ホームセンターで購入した神棚に奉納。

 

アベノミクスで順調な日本経済ですが、中国や米国のいびつな経済の動きが心配です。両国ともに一部の富裕層が資産を持ちすぎています。そろそろ日本は一国で自立する方向に、ベクトルを定める時期かもしれません。

 

新年早々、小さな眼鏡店で随分と大きなことを考えてしまいました(-_-;)

若宮神社の鳥居。参道横には出店が並ぶ。
若宮神社の鳥居。参道横には出店が並ぶ。
新築された参道門。真新しい木は黄金色に輝きを放つ。
新築された参道門。真新しい木は黄金色に輝きを放つ。
参拝のために行列をなす人々。神様、今年もよろしくお願いいたします。
参拝のために行列をなす人々。神様、今年もよろしくお願いいたします。
にこやかな美人の巫女さんたち。寒い中、ご苦労様です。
にこやかな美人の巫女さんたち。寒い中、ご苦労様です。
0 コメント

2013年

12月

27日

クラシックが渋かっこいい!Ivy League モデルの眼鏡

クラシック要素満載!個性的なIvy Leaguersの眼鏡。セット価格¥20,000~¥25,000。
クラシック要素満載!個性的なIvy Leaguersの眼鏡。セット価格¥20,000~¥25,000。

最近、メガネのフレームはクラシックへの回帰が流行となっています。タレントさんが、クラッシックモデルの眼鏡を掛けてTVに出ているのを良く目にします。つい先日もハリウッド女優菊池凜子さんや志村けんさんが、Ivy Leagueモデルの眼鏡を掛けてバラエティに出演していました。

 

ちなみにご存じない方のために捕捉しますと、Ivy Leagueとは、米国の名門大学8校(ハーバード、コロンビア、イェール、プリンストン、ブラウン、ダートマス、ペンシルベニア、コーネル)のことを指します。Ivy Leagueモデルの眼鏡は、名門校の大学生たちが好んで掛けるフレームを、デザイン化したものです。

 

当店でも仕入れました。やはり、他のデザインにはない、知性と気品があります。Ivy Leagueの伝統の息吹を感じられる一品です♪

0 コメント

2013年

11月

28日

安いメガネと高いメガネの違い2

安いメガネと高いメガネの違いについて、前回は実際に取り扱う際のフレームの質感について説明しました。今回はフレームに対する設計思想について考えていきたいと思います。

 

現在、スリープライスといわれる格安メガネショップ(JinsやZOFFなど)が、若者の間でもてはやされています。メガネを格安で購入できるため消費者にとっては好ましいことに思われます。なぜ、スリープライス眼鏡店はコストダウンできるのでしょうか? その理由の一つに設計思想の違いが挙げられます。

 

もともと、JinsやZOFFなどは、雑貨やアパレルから眼鏡業界に参入してきました。そのため、眼鏡に対し雑貨やアパレルとに対するのと同じ態度で、取り扱っているきらいがあります。

 

わたしの店にも時折、スリープライス眼鏡店で購入したものをフィッティングしてもらいたい、というお客様が来られるのですが、その多くはフィッティングが困難です。デザイン重視で設計されいるため、様々な人の顔にフィットさせるという視点が欠如しているためです。

 

雑貨やアパレルなどではそれでもいいかもしれませんが、眼鏡は違います。元来、眼鏡は医療器具の一種なのです。たとえば、松葉づえでも義足でも様々な人にフィットさせますよね? 眼鏡もそれと同じです。お使いになる人にフィットさせる、という視点を持って設計しなければなりません。

 

そのため、眼鏡設計には眼光学や視覚心理学はもちろん、顔の骨格や血管にたいする医学的知識を駆使しなければいけません。それを踏まえたうえで、さらにみなさんに喜ばれるデザインを創造していくのです。以上のような理由もあり、高いメガネは高くなり、安いメガネは安くできるのです。

 

安いメガネと高いメガネの違い1

日本製フレーム
眼鏡学を駆使し設計されている日本製眼鏡。奥:Fiat Lux! (スッキリとしたフォルムを保ちながらも智を調整できるようにしている) 手前:Vivid Moon(北川景子モデル。テンプルをレーザーで抜きデザインをしている。テンプルの調整も容易)
0 コメント

一級眼鏡士のメガネ屋さん

(有)ナガタメガネ

℡ 096-282-6100

ナガタメガネ店舗写真
熊本県にある一級眼鏡士の店ナガタメガネ

熊本県上益城郡御船町

御船1046-2

 TEL 096-282-6100

 10:00~19:00

お問い合わせ✉