乱視の検査をしましょう!

乱視視標
片眼ずつ見てください。どの線も均等な濃さですか? それとも、濃く見える線がありますか?
直乱視 倒乱視

これは乱視を簡易的に測定する‘放射線視標’といいます。上図のように縦線が濃く見えたり、横線が濃く見えたりと線の濃さにばらつきがある人は乱視の疑いがあります。専門的には、線の濃く見える方向によって乱視の呼び方が変わります。

 

・縦線が濃く見える→直乱視(若者に多い)

・横線が濃く見える→倒乱視(人生のベテランに多い)

 

このほかにも斜め方向が濃く見える‘斜乱視’というのもあります。上記二つに比べると少なくなっています。乱視はモノがダブって見えるため目が疲れやすくなります。放射線視標にばらつきがあった方は、正しい乱視測定ができる眼鏡店で検査してもらってください。

認定眼鏡士
乱視の測定を正しくできるメガネ店はこちらから

一級眼鏡士のメガネ屋さん

(有)ナガタメガネ

℡ 096-282-6100

ナガタメガネ店舗写真
熊本県にある一級眼鏡士の店ナガタメガネ

熊本県上益城郡御船町

御船1046-2

 TEL 096-282-6100

 10:00~19:00

お問い合わせ✉