動体視力とスポーツビジョン

動体視力とは動いている対象を視認する能力をいい、アスリートの視力測定、スポーツビジョンの項目の一つになっています。スポーツビジョンは以下の8項目からなっています。

 

  1. 静止視力
  2. KVA動体視力
  3. DVA動体視力
  4. コントラスト感度
  5. 眼球運動
  6. 深視力
  7. 瞬間視
  8. 目と手の協応動作

下図の視覚能力と競技レベルのグラフを見ると、両者は密接な相関関係にあることがわかります。

メジャースポーツ、プロ野球を例にとると、1軍レギュラーになるためには視覚能力が高い必要があることがよく分かります。

わたしも自身のスポーツビジョンを測定してもらったことがありますが、AA(1軍レギュラー)という評価でした。秀でたスポーツ経験もなく(学校の体育授業程度)、特別な視覚トレーニングをしていたわけでもありません。ただ、ゆる体操およびそれにまつわる身体トレーニング(呼吸法や気功など)は熱心にやっているので、結局、いまは

 

身体開発=視覚開発

 

と考えています。それゆえ、動体視力に代表されるスポーツビジョンを鍛えたい方には、ゆる体操をご紹介しています。ここではボール認知能力を鍛える方法をご紹介します。脳の視覚領域である後頭部まわりを解きほぐすことにより、視認力が飛躍的にアップします。腰を据え、じっくり取り組んでみてください。

 

疲れ目に効くゆる体操はこちらから

観の目 見の目

宮本武蔵の五輪の書には、「観の目良く、見の目悪し」ということが述べられています。観の目とは全体を俯瞰する目、見の目とはあるモノに囚われている目です。体の状態(身体意識)での違いは下図を参照してください。天性の良質な気で満たされた観の目の身体意識に対し、見の目を体現する身体は黒く拘束された状態に陥っています。

体を開発し、観の目を体現できるようになりましょう。

※身体意識についてはこちらをご参照ください。

参考文献

スポーツ人必見。野球を通じ、動体視力および身体の使い方を懇切丁寧に解説した良著。

一級眼鏡士のメガネ屋さん

(有)ナガタメガネ

℡ 096-282-6100

ナガタメガネ店舗写真
熊本県にある一級眼鏡士の店ナガタメガネ

熊本県上益城郡御船町

御船1046-2

 TEL 096-282-6100

 10:00~19:00

お問い合わせ✉