メガネ屋さんの眼鏡作り

メガネ屋の仕事には販売、視力測定、眼鏡加工などがあります。ここでは、眼鏡作り(加工)についてご紹介したいと思います。眼鏡加工とはレンズを削り、フレームに入れ込む作業です。レンズの削りはエッジャーという機械で行い、最後に手擦りで仕上げます。

メーカーから上がってきた丸レンズを、左右間違えないように置く。
メーカーから上がってきた丸レンズを、左右間違えないように置く。
レンズメーターで度数をチェックし、レンズの光学中心に印点を打つ。
レンズメーターで度数をチェックし、レンズの光学中心に印点を打つ。
光学中心に印点が打たれたことを確認する(すみません。写真では見づらくなっています)。
光学中心に印点が打たれたことを確認する(すみません。写真では見づらくなっています)。
軸打ち器にレンズを置き、印点を確認する。
軸打ち器にレンズを置き、印点を確認する。
レンズにサクションカップを張り付ける。
レンズにサクションカップを張り付ける。
読み取り器でフレーム形状を読み取る。
読み取り器でフレーム形状を読み取る。
レンズにサクションカップを取り付けた。
レンズにサクションカップを取り付けた。
コンピュータ画面を使い、瞳孔間の広さや視点の高さなどの測定データを入力する。
コンピュータ画面を使い、瞳孔間の広さや視点の高さなどの測定データを入力する。
次にヤゲンの位置を入力する。
次にヤゲンの位置を入力する。
エッジャーに丸レンズをセットする。
エッジャーに丸レンズをセットする。
エッジャーが回転し始めた。砥石に水がはじけているのが見える。
エッジャーが回転し始めた。砥石に水がはじけているのが見える。
丸レンズが徐々にフレーム形状になってきた。
丸レンズが徐々にフレーム形状になってきた。
フレーム形状に削られたレンズ。
フレーム形状に削られたレンズ。
回転砥石を使い仕上げをする。
回転砥石を使い仕上げをする。
手擦りをしているところ。
手擦りをしているところ。
仕上げたレンズをフレームに入れ込む。
仕上げたレンズをフレームに入れ込む。
歪み計でレンズの歪みを確認。この場合、歪みが多いのでもうひと削りする。
歪み計でレンズの歪みを確認。この場合、歪みが多いのでもうひと削りする。
歪みがなくなった。小さいフレームではこれくらいまで歪みを抑える。
歪みがなくなった。小さいフレームではこれくらいまで歪みを抑える。
レンズメーターで度数の最終確認をする。乱視がある場合は軸を正確に測る。
レンズメーターで度数の最終確認をする。乱視がある場合は軸を正確に測る。
印点を打ち、PD(瞳孔間距離)をチェックする。
印点を打ち、PD(瞳孔間距離)をチェックする。
ひとつメガネが完成した(私の眼鏡です)。
ひとつメガネが完成した(私の眼鏡です)。

一級眼鏡士のメガネ屋さん

(有)ナガタメガネ

℡ 096-282-6100

ナガタメガネ店舗写真
熊本県にある一級眼鏡士の店ナガタメガネ

熊本県上益城郡御船町

御船1046-2

 TEL 096-282-6100

 10:00~19:00

お問い合わせ✉